通訳・翻訳プログラム

異なった国の言葉をつなげるプロとして、語学力と日本語のセンスが問われる職業。 企業、大使館、旅行代理店、フリーランスなど広く活動の場があります。
当プログラムは、プロの通訳・翻訳家としての資格が得られるものではありません。 通訳翻訳というものを、理論、テクニックと多くの実践練習から学ぶことで、さらに語学力をブラッシュアップし、飛躍的に実力を伸ばすためのものです。
「メーカー、商社、外資系会社で社内通訳、翻訳をしてみたい」  「将来、英語を使って仕事をしたい」 「英語を別の角度から勉強してみたい」  「サイドビジネスとして翻訳の仕事をしてみたい」 「秘書としてある程度の通訳翻訳はできるようにしたい」
など、幅広いニーズに対応できるコースです。
■企業内の通訳として いま日本では、社内通訳、社内翻訳をできる人材の育成が大きな課題。 いちいち外部の会社に通訳や翻訳を委託していてはコスト高です。
そんな状況で、履歴書に「高いTOEICスコア」と「通訳翻訳Diploma修了」と書いてあったら、どうでしょうか? 企業側は、 「この人物なら、当社の商品だけなら通訳や翻訳として使えるようになるかも」 と考えるかも。 専門バカでもいいのです。企業に役立つ通訳翻訳、これがすべてのスタートです。

 

CONTENTS:キャリアアップ! 専門プログラム