子供の好きな方、すでに児童英語講師として教育に携わっている方のスキルアップ、児童英語教育に興味のある方を対象にしたプログラムです。

※ 開講キャンパス: バンクーバー、トロント

プログラム ☆ TESOL for Children 児童英語教師養成ディプロマプログラム
4週間の講義
事前に4週間基本となるTESOLプログラムの受講が必要
オプションとして4週間の教育実習の手配可能
(全合計12週間)
カリキュラム 4 ~ 12歳の学生を対象に児童英語教育で使われている教育理論とテクニッック、教室で即実践できる知識とスキル習得を目指します。- 英語講師について
– 物語による教授法
– ゲームを通じての教授法
– レッスンプランの立て方と実行
– 歌やリズムを通じての教授法
– 劇や動きを使った教授法
– 工作や絵画を使った教授法
– 総合的なレッスンプランと実行
受講生の声 1 ★匿名希望さん(26歳)
※帰国後、幼稚園の英会話講師アシスタントとして就職
勉強する内容がとても多く、試験も範囲と合格ラインが決められていたので、とても大変でしたが、クラスメイトがとてもよかったことと、先生が楽しく覚えられるように雰囲気を盛り上げてくれたり、ゲームもたくさん取り入れてくれたのが良かったです。 初めのころは、先生が英語の指導・幼児の心理など、どんどん話されていくので、難しい単語がいっぱいあり、内容を理解するのが大変で、自分はついていけるのだろうか、と不安でしたが、徐々に難しい単語も内容も慣れました。 児童英語は幼児から12歳ぐらいまでの内容で、実際英語を教える立場にたったとき、各年齢に対しての違った英語指導が役立つと思います。
(これから受講する人へのアドバイス)幼児向けなので、いろんなアイデアを持っていると良いです。 プレゼンテーションは基本的に一人でしないといけないので、英会話をする自信をしっかり持っていれば大丈夫です。 大変ですがとっても楽しいですよ!
英語でする幼稚園&英会話スクールに就職しました!毎日外人の先生と組んで保育してます!
受講生の声 2 ★赤松 彰子さん(26歳)
テストとプレゼンのどちらかが毎週あるので、深夜まで勉強に追われることもよくありました。特に、中間テスト前は大学受験の時並みに勉強しました。(今では、よい思い出です。)教育実習は主に先生のアシスタントとし、1回だけ60分間授業を持ちました。その準備は、大変でしたが、それ以外は毎日楽しく過ごしました。子供たちは、本当に可愛かったです。 KGICは、本当に厳しかったです!毎日の宿題に、毎週のプレゼン、テストに追われていました。実際、途中で受講を辞めようとしたクラスメイトもいました。(でも、最後まで彼女は頑張りましたが。)
このクラスを受講した理由の一つは、自分に対しての自信が欲しかったからです。教育に対して何の知識もありませんでしたが、児童英語教師になりたいと思っていました。ただ、やはり知識がない分、自信もありませんでした。このクラスの受講を終えて、苦労が多かった分、自信を得ることができました。それが一番の収穫です。 また、念願だった児童英語教師に仕事が決まりました。カナダに留学して本当に良かったと思います。有難うございました!!
2015年開講日 バンクーバー毎4週
トロント毎8週
(お問い合わせください)
受講基準 TOEIC650~, TOEFL500 (CBT173)~, KGIC入学テスト合格
+ インタビュー
2015年研修費用 $1,740 (約 169,500円) 登録料、教材費含む
※4週間のみの料金です

希望者のみ4週間教育実習手配料$720 (約 70,200円)

KGICリンク http://www.kgic.jp/
★資料請求★ http://www.gett.co.jp/request/

CONTENTS:キャリアアップ! 専門プログラム