shutterstock_139326899

医療通訳は外国人患者に付き添い、病院で医師とのやり取りを訳す職業。スウェーデンでは医療機関が外国人患者に通訳をつけることが義務付けられ、オーストラリアでは州立病院に通訳10人が常駐し、17ヶ国語で常時対応しているといいます。ただ、在日外国人は約200万人いる日本では、医療通訳を置く病院はわずかで、公的な支援体制がある地域はほとんどないとのこと。 出生率の低下が続く日本では、今後も労働力不足を補うために外国人の労働力に頼る傾向が強まっています。ますます外国人の方が増えていく日本で、医療通訳の必要性は急速に高まることが予想されます。 そこで、特に日本で看護などに携わる方が 「職場で即役立つ専門的な英語」 を身につけられるようにと作られたのが、このプログラム。 また、将来「医療通訳」を目指される方の入門編としても役立ちます。