お小遣いや滞在費、どう管理する?

滞在期間によって、カナダに持っていく金額もずいぶん違ってきますが、数ヶ月~年単位にわたる長期滞在なら、現地に銀行口座を開くのが得策。 多額の現金を持っていくことにはリスクが伴いますので、以下の方法がおすすめです。

 

★ 現地に銀行口座を開く

. 現地で銀行口座を開き、日本の家族からその口座宛に送金してもらう
という方法があります。特に長期滞在の生徒さんは、現地の銀行に口座を開いておくほうが何かと便利です。
カナダの銀行で開いた口座へ日本から送金するには、外国為替を取り扱っている金融機関の窓口で手続きをするのが一般的です。 その場合、一回の送金につき通常約5,000円の送金手数料がかかります。

 

★ 日本のキャッシュカードを使う

. 数週間の短期滞在なら、日本の主要銀行やシティバンク、「国際キャッシュカード」がおすすめです。
日本と同じ感覚で、暗証番号と金額を入力するだけで、現地通貨が引出せます。引き出したカナダドルは円に換算して口座から引き落とされます。
利用ごとに200円ほどの手数料がかかりますが、多額の現金を持ち歩く心配がなく、必要なときに必要な額が下ろせるため、とても便利です。 1ヶ月程度の短期滞在におすすめ。 . .

 

★現金やT/C(トラベラーズチェック)を持っていく

. 現地ですぐ使えるように、小額のカナダドルをキャッシュで持っていくと便利です。 また、万一の紛失や盗難に備えて、トラベラーズチェックにしていくこともお勧めです。 . .

 

★多額の現金を持っていくよりは・・・

. どうしても多額の現金を直接カナダまで持っていかなければならない場合は、日本の銀行でカナダドルの小切手を発行してもらい、それをカナダの銀行に直接持参して預金する/現金化する という方法もあります。
小切手の発行手数料は銀行によって若干異なりますが、通常2,500円程度です。 . .

 

★キャッシュパスポートを持っていく

・ プリペイドのクレジットカードとして使えます。現地のATMにてプリペイドの金額から引き出す事ができます。キャッシングではないので安心です。入金は日本国内で国内送金と同じ形式でできるので、簡単。カナダでお金が無くなった場合、日本の家族に連絡して入金すればカナダで使えるから、もしものときにも安心です。

キャッシュパスポートお申し込みはこちら