ホームステイは、カナダの一般的な家族と生活を共にすることによって、日常に即した英語に慣れ親しみ、カナダの生活様式、習慣に触れるというものです。

したがって、ホームステイは「ホテル」ではなく、「下宿」です。

ファミリーと常に英語でコミュニケーションをとる必要がありますので、会話の力を伸ばす近道であるともいえます。 また、一人で暮らす場合と違い、別途食費やランドリーなどの生活費が不要なため、最も低コストで生活する方法としても、特に留学生には人気があります。

ホームステイといえば、ボランティアのホストファミリーのイメージが強いと思いますが、留学生が一緒に暮らすホストファミリーは、ボランティアではありません。生徒さんが滞在費を支払い、代わりに家族の一員と同じように食事をし、電話や洗濯機をはじめとする生活用品を利用することができるというものです。

ですから、大家さんのお家に下宿しているつもりで、何か困ったことや、生活に必要なものがあるときは、遠慮なくファミリーに相談してください。

また、滞在費を払っているからといって、ホストファミリーが全てビジネスのために留学生の受け入れを行っているわけではありません。 いくら滞在費が支払われるからといっても、留学生を受け入れ、生活を共にすることは、ファミリーにとってもリスクを伴うものであり、好意がなければできないことです。

相手があってのホームステイですから、全てが自分の期待通りになるとは限りません。 むしろ、思いどおりにならないことはたくさんあるでしょう。 でも、これも留学の経験のひとつだと思って受け入れてみましょう。

他人同士が一緒に生活することには、いろいろな言葉の行き違いや価値観の違いなども出てきて当然ですが、ファミリーが好意を持って受け入れてくれたことを忘れないようにしてください。

 

■ご注意いただきたいこと

 

カナダの家屋はとても大きく、部屋数も多いため、ホストファミリーは通常、国籍の違う留学生を複数受け入れています(お部屋は別です)。

ホストファミリーは、基本的に学校からご紹介しますが、ひとつのファミリーが複数の学校と提携していることがあり、滞在中に別の学校から生徒さんが入ってくるなど、事前にお知らせした情報と実際の滞在状況が異なる場合があります。

ハウスメイト(別の留学生)の有無については、できる限り最新の情報をお伝えするようにしておりますが、夏期など、とくに生徒さんの入れ替わりが頻繁になる時期は、学校側でも正確な情報の把握が非常に難しいのが現状です。 

また、上記の理由から、まれに異性同士や同国籍の生徒さんが違う学校からホームステイし、偶然同じ家庭になってしまうことがあり得ます。 このような場合は、すぐ対応いたしますので、弊社スタッフまたは学校のホームステイコーディネーターへご連絡ください。

関連ブログ記事

■ホームステイのルール

 
■ 1 ■
ホストファミリーの家庭内での習慣やバスルームの習慣を尊重してください。

■ 2 ■
自分の部屋の片付けやベッドメイキング、自分の使った食器洗いはもちろん、家事なども進んで手伝うようにしましょう。 

■ 3 ■
衣類の洗濯は、週1回が平均です。 1週間分の着替えを持っていくようにしましょう。 基本的に各自が必要なときに洗濯しますが、ホストマザーが家族の分をまとめて洗濯するところもありますので、まずファミリーに確認しましょう。

■ 4 ■
1日3食つきのホームステイの場合は、昼食は家庭にある材料を使って、各自サンドイッチなどを作って学校へ持っていきます。 また、小さい子どものいる家庭では、ホストマザーが子どもの分と一緒に作ってくれる場合も多いようです。

■ 5 ■
パスポートなどの貴重品は、必ずご自身で責任を持って管理して下さい。 

■ 6 ■
ホストファミリーの電話を使うときは、市内通話(無料)であっても事前にファミリーに断ってください。また、長距離電話をかける際はコレクトコールやコーリングカードを使うか、その都度ファミリーに支払いましょう。

■ 7 ■
喫煙、飲酒はカナダ、日本の法律に従い、ファミリーの規律を尊重してください。 

■ 8 ■
友達をホームステイ先に招待したり、外出するときは必ずファミリーに連絡しましょう。

■ 9 ■
家庭の生活習慣やスケジュールを尊重し、どこかへ連れて行くことを要求するなど、自分本位の勝手な行動は慎んでください。

 

■トラブルがあったら?

 

ホームステイは人間同士のことですから、「合う・合わない」があって当然です。 ある生徒さんが「すばらしいファミリーだった!」とおっしゃっても、別の生徒さんにとっては「ちっとも快適じゃない」ということもあります。

もし、何か気になることや問題が生じたときは、まずファミリーに相談するのが基本ですが、ファミリーに相談できないようなことは、ホームステイコーディネータ—やカウンセラーへご相談ください。

たいていのトラブルは、言葉の行き違いなどによるもので、仲介者を交えた話し合いであっさり解決することがほとんどです。

それでも、「どうしても合わない」という場合は、いつでもホストファミリーの変更ができます。

ホームステイは留学生活の中心となるものです。 ここが快適であれば、留学生活はとても充実した実り多い時間になります。

もちろん、他人同士が快適に過ごすためには、譲り合うことも、努力も必要です。 それでも何か気になることがあれば、決してがまんしないこと! 必ず相談してください。