滞在期間や目的によって、ビザを使い分けましょう

学校に通う期間が6ヶ月まで →→→ 【 観光ビザかワーホリ 】
6ヶ月以内で帰国する →→→ 【 観光ビザ 】
カナダでアルバイトする →→→ 【 ワーホリ 】
6ヶ月以上滞在する →→→ 【 ワーホリか学生ビザ 】
6ヶ月以上学校に通う →→→ 【 学生ビザ 】

 

■ 観光ビザ(Visitor Visa) ■


要するに、ビザは要りません。
日本国籍、韓国籍の生徒さんは、往復の航空券とパスポートがあれば、6ヶ月まで学校に通うことができます。
6ヶ月以内に帰国するなら、観光ビザ(=ビザなし)でOK!

 

■学生ビザ(Study Permit) ■

※2014年6月から学生ビザ申請にはDLIナンバーが必要となりました。DLIナンバーが無ければ学生ビザの申請はできませんので、検討している学校にDLIナンバーがあるか確認しておきましょう。

CIC DLI Number List

 

正式名称は、就学許可証。
6ヶ月以上学校に通う場合は、渡航前に学生ビザを取得する必要があります。
ビザ申請には、学校からの入学許可証が必要なため、ビザを申請する前に学校の入学手続きを始めることが大前提です。

通常、申請から1ヶ月あればビザが下りますが、まれに2ヶ月以上かかることもあります。余裕をもって、出発の2ヶ月前をめどに申請できるよう、学校選定をふくめ計画しておきましょう。

6ヶ月以内のプログラムでも、インターンシップが含まれる場合、学生ビザが必要になることもあります。

以下、学生ビザオンライン申請マニュアルです。ぜひ、ご利用ください。
※2014年6月時点の情報となっております。ビザ申請の許可を保証するものではありませんので、ご了承ください。

学生ビザオンライン申請マニュアル

■ ワーキングホリデービザ ■


アルバイトしながら1年間滞在できるというビザです。
6ヶ月まで学校に通うこともできます。

ビザ申請のタイミングは、遅くとも出発日の3ヶ月前。
まず出発日を決めるところから始めます。

2014年度の定員は6,500名。定員に達するとその時点で受付が締め切られます。

「ビザ取れるかな?」 と不安な生徒さんは、ビザが取れてから語学学校への入学手続きをされることをお勧めします。

詳しくはこちらでご確認ください。
カナダ大使館ワーキングホリデープログラム

 

★よくあるご質問


■■ 学生ビザでアルバイトできますか? ■■

2014年6月より学生ビザの規定が改定され、公立大学、カレッジ、専門学校のフルタイムプログラム受講の留学生は週20時間までアルバイトできるようになりました。ただし、語学留学への留学生は、留学中に働くことはできません。

※「海外生活体験とアルバイト重視」ならワーホリ
※「しっかり学校に通って勉強重視」なら学生ビザ

というように、渡航の目的にあわせてビザを選びましょう。

■■ 現地でビザは取れますか? ■■

とりあえずビザなしで行って、現地で学生ビザに切り替える、ということはできません。

厳密に言うと不可能ではありませんが、確実に取得できる保証がないためお勧めできません。

6ヶ月以上学校に通う予定が少しでもあるなら、渡航前に学生ビザを取得しておきましょう。学校へ登録している期間が6ヶ月以内でも、学生ビザを取ることができます。いちどビザを取ってしまえば、現地での期間延長はカンタンです。