留学トラブルを防ぐには?

 

留学を志すあなたは、インターネットや雑誌などで、一生懸命情報収集されていることと思います。また、ご兄弟やお友達、先輩後輩など、身の回りにも留学経験者が増えてきて、さまざまな体験談を耳にされることでしょう。

インターネットで検索すれば、星の数ほどのエージェントや留学プログラムの情報、留学体験談、掲示板への書き込みなどが氾濫していますね。なかでも、失敗談や、学校、業者、ホームステイ先でのトラブル、詐欺まがいの業者に関する怒りのコメント、苦情などなど、マイナスの情報を目にされる機会は、とても多いと思います。記憶に新しいところでは、大手留学仲介業者ゲートウェイ21の破綻で、留学希望者が支払った9億5千万円もの留学費用が返還されず、すでに留学中の留学生も留学を中止せざるを得なくなったという事件もあります。

― 出発の日、空港で航空券を渡してもらえると聞いていたのに、空港に行ったら誰もいない。業者とも連絡が取れず、支払った航空費用、滞在費、学費をすべて持ち逃げされた。 ― 学校やコースが、事前の説明とぜんぜん違った。解約しても返金は一切なかった。 ― 渡航してしまうとそれまで。何のフォローもなく、困ったときに知らん顔された。 ― ホストファミリーが「大ハズレ」。

まるで、「裏切られる」「話せるようにならない」「エージェント=ぼったくり」とでも言わんばかり。 どうして、このような状況になってしまっているのでしょうか?

こんなはずじゃなかった!? 留学トラブルを防止するためにできること

 

留学の常識・口コミ ウソ?ホント?

留学を計画されているあなたは、留学されたお友達から話を聞いたり、アドバイスをもらったり、インターネット掲示板の留学生の書き込みなども、くまなくチェックされていることと思います。そこで、こんなコメントをもらったこと、目にしたことはありませんか?
― 日本人の多い地域や学校では勉強にならない。できるだけ日本人が少なく、国籍バランスの取れている学校を探すべき。 ― 長期間学校に登録するのは危険。短めに登録して、現地で様子を見たほうがいい。
これは「留学の常識」と言われています。しかし、果たしてそれは本当でしょうか?真剣に、効率よく語学力を身につけて、大きな成果を得て帰国したいあなたにとっても、当てはまることなのでしょうか?

留学の常識・口コミ ウソ?ホント?